思いの丈のほうが、案外、記念におけるものです

寝つきが悪いとなんとなく調子がすぐれないようなが気がします。そこでそういうお天道様が貫くとボクは寝付きを良くする作戦として自分の胸では理解できなさそうな事を敢えて考えて脳みそに負荷をかけることにしています。

例えば「グループ平和は本当に成り立ち受け取れる事象ですか否か」とか「ヒューマンを好みだとおもう気持ちの真の先駆けはどこなのか」などです。もしくは超ミステリーと言われる数学のデメリットを最初問い合わせピックアップして解けるきっかけもないのに「ピンポンが困難ならなんとかとんちみたいな感じで界隈が驚くようなオリジナルの答えを出せないだろうか」などと考えます。

そういったしょうもないあがきをやっているうちに私の脳みそは「もう勘弁ください疲れました」としてほどよい睡魔が来るので我ながらいい方です。

学生の3学期が始まる時って、日本全国でグッド差があるようですね。遠くの県内から来た者などと話をしていると、夏休みや、冬休みの試験時や授業が始まる時に、結構ズレがあって驚きます。冬の会合というのも、やっぱり違うようです。確かにスノーがある地方とない地方では違いが出ますよね。東北は小学校の授業時間にスキーをしたり、北海道の一部ではスケートをすると聞きました。こういう北海道のスケートにいたっては、師範や親が水をまいて接続を作ったりやるそうで、大変である上記、貫徹してるななんて思いました。準備する四苦八苦はあっても、習慣なんでしょうし、歓びでもあるんでしょうね。どろあわわの最安値情報サイト

駅舎ビルの本屋に来た。ここはわたしの元バイトその後。ここでは店長に見つからないみたい、細心の注意が必要です。

まずはレジを確認する。

 レジに立っているのは、こちらがバイトしていた内からいた女子大生の稲垣さんと、それから知らない父親。

 どうもレジに店長はいないようだ。

 稲垣さんはカレッジの科目が終わった夕刻からが仕事で、こちらは夕方までが仕事だった。だから家内とは、会釈しか交わしたことがない。

 こちらが三か月前にいきなりバイトを辞めてしまった出来事なんて、家内は随分思っていないだろう。

 次に店内を確認する。

 ……うー、お断りなぁ。怖いなぁ。

 見回して、店長を見つけてしまったらお断りなぁ。

 そう! 下を向いて、早足で目的の仕事場まで行ってしまおう。

 新刊が平積みになっている棚の傍らを早足で街すぎ、アニメの棚を迂回して……

 次に待つのは上限難関、文芸書コーナー

 文芸書コーナーは、店長の専門だった。だから、アイテム取り出しやストックウォッチングのために店長は一心にそこにいた。

 ここを通り過ぎれば行き先の……

「森さん。今日は職務はお休日ですか」

「……」

 わたしの脳裏より、三十センチくらい上のところから動画がした。リズムの薄い話し方に聞き覚えがあった。

「店長!」

 外見をあげた。恋人のかけている眼鏡に、蛍光光線の光が反射して……

 うっ、素晴らしい。

「あっ、あの、はじめまして。おじゃましてます」

「久し振りですね。職務のサイドは良好ですか。たしか、正社員で業務の職務に就かれるとかで辞めたんでしたね。あのときは突然で困りましたよ。うちの店先は、万年人手不足ですから」

「すみません……。実にすまん」

「いいんですよ。あなたの運命ですから。いつまでもバイトというわけにもいかないでしょう」

「は……い。その通りです」

 ……あぁ、これはもう、ばれて掛かる。

 わたしの言ったことが、バイトを避ける口実だったと、店長はわかっているに変化ない。

「ところで、今日はウィークデイですけど、事務職でもウィークデイは休めるんですか」

「あっ、えっと、今日は大事な用件があって。なんでしたっけ? あれ? あの……。あぁ! 有給暇! それをもらって、ここに来たんです」

「そうですか。有給暇をもらって本屋に来たんですか」

「……」

 ……うー、だめだ。

 逃げたい。

「ごめんなさい。こちらはこれで」シースリーの脱毛体験談のサイト

お辞儀をして、短く立ち去ろう。

とうに店長の外見は見ない。

「森さん」

「よし」

 振り返った。

 また店長の外見を見てしまった。

 店長は、哀れむようなまぶたでこちらを見ていた。

「森さん、あなたは正に立場専業には向いていませんね。事務職の職務に就けてよかったですね。がんばって下さい」

 店長は、本を有するとおり、レジのサイドへ歩いて行った。

 そして、レジにいた稲垣さんと面白く談笑。

 「今や、店長ったら」という稲垣さんの動画が、ここまで広がる。

 ……どうして難しいんだろう。

 こちらも、稲垣さんや、アニメ喫茶の山口さんみたく、ヒューマンとかしこく話せたら。

 あぁ……

 涙したい。

 動画をあげてわめきたい。

 だけど泣く必要はない。

 こちらには、幻想原翼さんが要るじゃないか。

 これまでだって、悲しいときは絶えず幻想原さんの詩集を読んで、乗り切ってきた。

 今日は待機に待った幻想原さんの目新しい詩集の発売お日様です。

 あんなお日様でもければ、ここには来なかった。

 この辺りで、誰でも一度は呼び名を聞いたことがあるようなポピュラー詩人以外の詩集を見て取れる著しい本屋は、こっちくらいしか乏しい。

 車両に乗って東京に出ればでかい本屋はたくさんある。だけどオタクのこちらには、往復千円身の回りも要る車両賃はかなりの負荷です。

 短く詩集のコーナーに行って……

 また店長に声をかけられる前に、幻想原さんの詩集を買って帰ろう。

 店先の深層、詩集のコーナーに来た。

 こちらはここでバイトしていた内、本の組み合わせをするふりをして、思い切り詩集のコーナーにいた。

 詩集のコーナーで何をしていたかというと……

 撫でていた。シースリーの全身脱毛はお得ですよ